2500万ユーロの“超バーゲン補強” 銀河系軍団を6年も操り続けるMF

レアルのクロース photo/Getty Images

お得すぎた補強

レアル・マドリードでは前線の補強に注目が集まりがちだが、クラブ史に残るバーゲン補強を忘れてはならない。

スペイン『MARCA』が改めてお得すぎた補強と振り返ったのが、ドイツ代表MFトニ・クロース獲得劇だ。

クロースは2014年の夏にバイエルンからレアルへ移籍するのだが、レアルが支払った移籍金は2500万ユーロだ。6年前と今では移籍金の高騰にも違いがあるものの、この値段は非常にお得だ。

そこからクロースはレアル不動の司令塔として活躍し、獲得タイトルの数は10を超えている。何1つタイトルを獲得できなかったシーズンはなく、レアルはクロースを中心に多くのタイトルを手にしてきたのだ。

そんなクロースも今年1月に30歳を迎えたが、今でも市場価値は4800万ユーロとされている。バイエルンもクロース放出を後悔したと言われているが、レアルとしてはクラブ史に残る大成功補強だ。

まだその影響力が衰えることはない。すでに退団したFWクリスティアーノ・ロナウドや最終ラインを統率するセルヒオ・ラモスらも安定感あるプレイヤーだが、クロースほどブレることなく攻撃を組み立ててくれるMFも珍しい。クロース獲得がレアルに大成功を呼び込んだのは間違いないだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ