バルサでもプレイできた“職人” A・コールの陰に隠れた実力派サイドバック

エヴァートンのベインズ photo/Getty Images

キック精度はトップクラス

バルセロナのサイドバックに求められるのは高度なテクニックと圧倒的な攻撃力だ。例えば現在活躍する左サイドバックのジョルディ・アルバもその条件を満たす選手と言えよう。

アルバ以上の実力者かは微妙なところだが、かつてチェルシーやエヴァートンでプレイしたパット・ネヴィン氏はエヴァートンの看板プレイヤーとなっているレイトン・ベインズもバルセロナでプレイできるだけの実力を持っていると主張する。

ベインズは2007年よりエヴァートンでプレイしている選手で、クラブの絶対的なリーダーだ。派手さはないが、フリーキックを任されるだけの高いキック精度を備えたサイドバックの職人だ。

英『Liverpool Echo』によると、ネヴィン氏はベインズならバルセロナのティキ・タカにも適応できたはずと太鼓判を押す。

「ベインズにはフリーキックがあるし、知性と戦術理解力もある。彼はバルセロナでもプレイできるだろう。あのスタイルに合わせられるし、ワンツーにティキ・タカもこなせる。上手くやるだろう」

4つ先輩に当時世界最高の左サイドバックとも言われたアシュリー・コールがいるため、ベインズはイングランド代表でもそれほど多くプレイできたわけではない。しかし、その高いキック精度を活かした攻撃的なスタイルはもっと高く評価されるべきだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ