“カンテ2世”のプレッシャー大きすぎた 大型潰し屋MF語るリーグ制覇の重み

レスターのエンディディ photo/Getty Images

レスターでカンテの後継者と呼ばれることの大変さ

エンゴロ・カンテ二世と呼ばれるのは、その選手にとって想像を超える大きなプレッシャーとなるだろう。

2017年冬にベルギーのヘンクからレスター・シティへ加入したナイジェリア代表MFウィルフリード・エンディディもそのプレッシャーにさらされた人物の1人だ。

レスターはカンテを擁して奇跡のプレミアリーグ制覇を果たしたが、カンテはその活躍からチェルシーへ移籍。その後継者候補としてレスターはエンディディの獲得へ動いたのだ。

英『Daily Star』によると、エンディディは移籍当初に大きなプレッシャーがあったと語る。レスターがリーグ制覇を達成したという事実が重くのしかかることになったようだ。

「レスターがリーグを制していたことは、プレッシャーだった。カンテは去り、チームはその後継者を探していたんだ。僕にとっては大きな恐怖だったよ。ヘンクでは満足していたけど、自分のキャリアを前に進めるチャンスだった。ヘンクも僕のキャリアを前へ進めたがっていたし、移籍するには正しいタイミングだった」

当初のプレッシャーは相当なものがあったはずだが、エンディディはそれに上手く対処したと言えるのではないか。23歳ながらプレミアの環境に適応し、十分にカンテ役をこなしている。

今ではビッグクラブからの関心も聞こえるようになり、さらなるステップアップを望むこともできる。187cmとサイズのあるカンテ2世・エンディディは、プレッシャーを乗り越えて大きな成功を掴もうとしている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ