C・ロナウド2世には弟がいた 「僕が16歳の時には出来なかったことを……」

アトレティコのフェリックス  photo/Getty Images

兄弟揃ってのポルトガル代表入りも

残念ながら昨夏に移籍したアトレティコ・マドリードでは結果が出ていないが、現在のポルトガルサッカー界でクリスティアーノ・ロナウド2世として期待を背負っているのが20歳のFWジョアン・フェリックスだ。

アトレティコが獲得に1億2600万ユーロもの資金を投じた事を考えても、いかにフェリックスが期待されているかが分かってくる。

今後どこまで成長してくるのか楽しみだが、実はフェリックスには16歳の弟がいる。ジョアン・フェリックスと同じくベンフィカのユースで技を磨いているウーゴ・フェリックスである。

この投稿をInstagramで見る

We keep fighting

Hugo Félix(@hugofelix18)がシェアした投稿 -



兄ジョアンも10代の頃より天才肌のプレイヤーと評価されてきたが、才能は弟にも受け継がれているのだろう。スペイン『as』によると、ジョアンも弟ウーゴが近いうちにベンフィカのトップチームでやれるはずと太鼓判を押す。

「弟は僕が16歳の時には出来なかったことをやっている。上手くやるための全てを備えているし、トップチームに届くよ。互いにゴールを奪うのが好きだし、弟は僕より良いフリーキックを蹴る。PKなら僕かな。2人とも似たようなポジションでプレイしている。フットボールではシンプルにプレイすべきだが、僕たち兄弟は少し違う観衆を刺激することがしたい。そのあたりも似ているね。小さい頃から一緒にプレイし、同じことにトライしてきたんだ」

スポーツの世界では弟が兄を超えるなんてことも珍しくないが、ウーゴは兄ジョアンをも超えるプレイヤーとなるのだろうか。ウーゴも攻撃的MFを本職としているため、兄弟揃ってプレイできるかは分からない。しかしポルトガル代表に揃って召集される機会が訪れる可能性もあり、それも兄弟が描く夢の1つなのだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ