バルサで燻る“ガラスの天才” 150億円もしたFWの未来はどうなる

バルセロナ移籍以降、負傷離脱の絶えないデンベレ photo/Getty Images

売却は既定路線か

“ガラスの天才”となってしまったアタッカーは今後どのような運命を辿ることとなるのだろうか。2017年夏のバルセロナ加入以降、負傷を繰り返すFWウスマン・デンベレの未来には暗雲が立ち込めている。

加入当初は入れ替わりでパリ・サンジェルマンへと移籍したネイマールの後継者として期待されていたデンベレ。しかし、この逸材FWは未だバルセロナで確固たる地位を築くことができていない。その大きな要因となっているのが負傷癖だ。

デンベレはバルセロナに加入して以降の3シーズンで戦列を離れた回数が9回、その影響で離脱した期間は延べ504日にも及んでいる(『transfermarkt』より)。試合に出れば才能を感じさせる圧倒的なプレイを披露することもあるが、これではドルトムントへ支払ったとされる移籍金1億2500万ユーロ(約150億円)に見合わないだろう。出場74試合はどう考えても少なすぎる。

そんな負傷に悩まされ続けるデンベレを今夏バルセロナは手放すこととなるだろう。これが現地メディアの予想だ。スペイン『MARCA』も22歳の売却は既定路線と考えているようで、今後話題となってくるのはその価格だと主張する。

「デンベレは夏の市場で売りに出されることとなるだろう。現時点でバルセロナが見積もっているデンベレの移籍金は6000万ユーロ(約69億円)。これでもドルトムントへ支払った1億2500万ユーロとは大きな差がある。だが、この値段でもデンベレには買い手がつかないかもしれない」

一時は“キリアン・ムバッペ以上”とその才能を評価する声もあったが、バルセロナで苦しい時間を過ごすこととなってしまったデンベレ。はたして、今後この22歳は定着してしまった“ガラスの天才”というイメージを払拭することができるのだろうか。売却説に待ったをかける一貫性を示したいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、こんな今だからこそ振り返りたいCLの名勝負を一挙に振り返り! おなじみ、うじきつよし氏によるCL裏話的なインタビューも掲載です。「ぺこぱシュウペイのフロンターレで決定的ーーー!!」も元気に連載中!!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ