“20ゴール”も奪った制御不能の怪物MF ジェラードらも超えた7年前の輝き

マンCで活躍したヤヤ・トゥレ photo/Getty Images

1シーズン限定ならジェラードやランパード超えたか

元リヴァプールのスティーブン・ジェラード、元チェルシーのフランク・ランパードなど、プレミアリーグではこれまでも多くの名MFが活躍してきた。

しかし、そんな中で忘れてはならない存在がもう1人いる。英『Sportbible』が「マシーン」と称えたのは元マンチェスター・シティMFヤヤ・トゥレだ。

ジェラードやランパード、ポール・スコールズらに比べるとヤヤ・トゥレが称賛される機会は多くないかもしれない。それでも2013-14シーズンにプレミアリーグ制覇を果たした時のヤヤ・トゥレは手がつけられないビーストとなっていた。

このシーズンのトゥレはプレミアリーグで20得点9アシストを記録しており、チャンスメイク数も40回。パス成功率も90%と極めて高かった。188cmのサイズに加えて柔らかい技術、フリーキックまでこなす万能性と、まさに手がつけられなかった。

2013-14シーズンはリヴァプールでプレイしていたFWルイス・スアレスが31得点を挙げて得点王に輝き、そのままPFA年間最優秀選手賞まで獲得している。同メディアは、スアレスがいなければヤヤ・トゥレがこのシーズンの個人賞を獲得していたはずと振り返る。MFの選手でプレミア20得点は普通ではない。

パワーで振り切られるため1対1でボールを奪うのも難しく、距離を開けるとドリブルにキラーパスと危険なプレイを次々と繰り出してくる。このシーズンのヤヤ・トゥレは完全に中盤を支配しており、もっと高く評価されるべきMFと言えよう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ