チェルシーに“ビーストFW”戻ってきてほしい M・アロンソが欲しがる元同僚

チェルシー時代のジエゴ・コスタ photo/Getty Images

今のチームに必要なタイプの選手

今のチェルシーに誰か1人昔の仲間を呼び戻せるならば、誰を呼び戻したいか。

こんな質問に答えたのは、現在もチェルシーでプレイするDFマルコス・アロンソだ。アロンソは2016-17シーズンからチェルシーでプレイしており、最初のシーズンにはプレミアリーグ制覇も果たした。

英『The Sun』によると、そんなアロンソが選んだチームに呼び戻したい選手はFWジエゴ・コスタだ。このチョイスはなかなか適切なものではないだろうか。

コスタも2016-17シーズンのプレミア優勝メンバーであり、当時もリーグ戦では20得点を記録している。アロンソはそんなコスタについて、「呼び戻したいのはビーストであり、僕の友人でもあるコスタだ」とコメント。コスタを獣と表現している。

ジエゴ・コスタは当時チームを指揮していたアントニオ・コンテとの関係が悪化し、結局そのシーズンを最後に退団することになった。それからチェルシーはセンターフォワードの人材不足に陥っている。

オリヴィエ・ジルー、ミッチー・バチュアイ、今季ブレイクしたタミー・エイブラハムも当時のジエゴ・コスタには敵わない。レアル・マドリードへ移籍したエデン・アザールを呼び戻したいと考えるサポーターもいるだろうが、2列目はメイソン・マウントやクリスティアン・プリシッチ、カラム・ハドソン・オドイ、さらに今夏合流予定のハキム・ツィエクと人材がある程度揃っている。最も手をつけるべきはセンターフォワードだろう。

ジエゴ・コスタのような存在が最前線にいれば、チェルシーの得点力は確実にアップする。再びリーグを制するためにはコスタのような怪物級ストライカーが必要か。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ