復調の予感もミランには課題が残されている 少し気になる“シュート決定率”

イブラヒモビッチの加入で復調の兆しが見えるミランだが…… photo/Getty Images

攻撃陣に期待感はあるものの

今冬、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチをチームに加えたことで、年明けから名門復活の雰囲気が漂っているACミラン。一時16位にまで落ちた順位も現在は7位にまで戻ってきており、このままいけば明るい未来はそう遠くないかもしれない。特にMFハカン・チャルハノールが復調の兆しを見せ、FWサム・カスティジェホやFWアンテ・レビッチが本来の力を発揮し始めた前線には期待感が溢れている。

しかし、手放しで喜ぶのはまだ早いかもしれない。未だ彼らは今季序盤戦から課題とされてきた懸念事項を完全に解決したとは言い難い状況にある。その懸念事項とはシュート決定率の低さだ。

では、今季ここまでのセリエAにおけるミランのシュート決定率はどうなっているのか。データサイト『WhoScored』によると、その数字はたったの6.5%しかないという。これは欧州5大リーグにおいてワースト3位。同スタッツで最悪の数値を記録しているSPAL(5.8%)や2位のウディネーゼ(6.2%)もセリエAのクラブであることから同リーグの守備が堅いとも言えるが、早急に解決したい問題であることに違いはない。

不調が続いていた昨年11月の第11節終了時点にも伊『calciomercato』がこのミランのシュート決定率の低さを話題としていたが、当時はそれでも7.1%。少し意外にも思うが、数字は今の方が低い。

はたして今後、ミランはこの課題をどう克服していくのだろうか。少ないチャンスをモノにする力は上位進出を狙う上で必要不可欠な要素だけに、放ってはおけない問題だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ