モウリーニョ・インテルに行きたかった “暴れん坊MF”が抱いた名将への夢

ブラジル代表でも活躍してきたフェリペ・メロ photo/Getty Images

モウリーニョ流にピッタリか

チェルシーやインテル、レアル・マドリードなど多くのビッグクラブでタイトルを獲得してきた名将ジョゼ・モウリーニョは、中盤でファイト出来る選手を好んできた。

時には徹底した守備戦術を採用することもあり、戦える選手が必要不可欠なのだ。

そんなモウリーニョにピッタリのMFと言えるだろうか。モウリーニョの下でプレイしたかったと語る暴れん坊MFがいるのだ。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、その願望を語ったのはブラジル人MFフェリペ・メロだ。

フェリペ・メロは2009年にユヴェントスへ移籍するのだが、本音としては3冠を達成したモウリーニョ率いるインテルへ行きたかったという。

「世界最高のチームの1つということもあってユヴェントスにNoとは言えない。しかし、俺はその代わりにモウリーニョのインテルへ行きたかった。モウリーニョの下でプレイできなかったのは非常に残念だ。彼は何度か俺について語ってくれていたし、ある時には世界最高の1人だったと言ってくれたからね」

レアルではDFぺぺ、DFセルヒオ・ラモスらを指導していたが、モウリーニョが作るチームは少し血の気が多いところがある。フェリペ・メロも相当に血の気の多い選手で、モウリーニョとタッグを組めば面白いことが起きていたかもしれない。

当時のインテルにはエステバン・カンビアッソ、チアゴ・モッタら中盤に攻守両面で働ける実力者が揃っていたが、仮にフェリペ・メロがいればどうなっていただろうか。モウリーニョとフェリペ・メロの組み合わせは是非とも見てみたいものだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ