2人とも“たった1点” 武藤嘉紀、ジョエリントンはプレミアのレベルにないのか

ニューカッスルで苦い時間を過ごす武藤 photo/Getty Images

批判集まるニューカッスルのFWたち

2018年夏にプレミアリーグ挑戦を果たしてから約1年半。ニューカッスルに移籍したFW武藤嘉紀は非常に苦しい日々を過ごしてきた。

ニューカッスル移籍からリーグ戦での得点数は僅か1点となっており、期待に応えたとは言えない成績だ。今季も得点はなく、しかも年明けからは負傷離脱してしまった。今季リーグ戦でのプレイタイムは201分間のみで、本人も満足しているはずはない。

頭を抱えているのはニューカッスルも同じだ。得点力アップへ昨夏にはホッフェンハイムからFWジョエリントンを獲得したが、そのジョエリントンも不発。武藤と同じく、ニューカッスル移籍後はリーグ戦で1点しか決めていない。

英『HITC』によると、かつてニューカッスルで活躍したリー・クラーク氏は武藤、ジョエリントン、さらに今季無得点のFWドワイト・ゲイルについて、「現在のプレミアにおいてトップクオリティの9番に求められるレベルにはない」と厳しく切り捨てている。

武藤はスピードに加えてパワーもあり、移籍当初はプレミアリーグでも戦えるのではないかと期待されていた。しかし残留を第一目標とするニューカッスルは、武藤にピタリと合うプレイスタイルで戦っているわけではない。守備の時間が長いニューカッスルは武藤らFWにとっては難しい環境でもある。

とはいえ、そこで何とか結果を出さなければ認めてもらえない。武藤は怪我も続いて日本代表からも遠ざかっており、非常に苦しい1年半となってしまっている。すでに武藤はチーム練習に合流しているが、ここからもう1度自身の能力を示すチャンスを与えられるのか。このままでは終われないだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD最新号は、セリエA! 昨季までとは打って変わって激しい優勝争いが繰り広げられるイタリア・セリエAは新フェーズに突入。ユヴェントスを止めるのはどこなのか。いま、再びイタリアが面白い!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ