グアルディオラの“パーフェクト後継者” ポチェッティーノ・マンCはいかがか

プレミアとCLで対峙してきた2人 photo/Getty Images

クラブOBが提案

19日、2014年からトッテナムを指揮してきたマウリシオ・ポチェッティーノが解任された。リーグ戦12試合を消化して3勝5分4敗の14位に沈んでいることを考えると、解任の判断も仕方がないのだろう。

しかし、これでポチェッティーノの評価が落ちたわけではない。昨季にはトッテナムをチャンピオンズリーグ決勝へ導くなど実績は十分に残しており、複数のビッグクラブがポチェッティーノに目をつけていることだろう。

問題はポチェッティーノがどこへ向かうかだが、マンチェスター・シティの指揮官に就任するのも1つの手ではないだろうか。そう主張したのは、マンCでのプレイ経験もあるトレヴァー・シンクレア氏だ。

英『TalkSport』によると、同氏はマンCを指揮するジョゼップ・グアルディオラが今季限りで退任する場合、その後釜にはポチェッティーノがベストと考えている。

「特に何も聞いたわけではないが、今季のシティの状況を見ているとグアルディオラはイライラしているように見える。クラブ、オーナー、チームにイライラしているわけではないが、VARにはもうたくさんといった感じだね。もし今夏に彼がシティを去るならば、ポチェッティーノがパーフェクトな後継者候補だと思う」

すでにポチェッティーノはイングランドの環境を理解しており、若手の育成にも長けている。アカデミーでの育成に力を入れているマンCの方針にも合う人材なのかもしれない。

トッテナムを離れてマンCへ向かうとなれば、ポチェッティーノにとってはステップアップだ。大きなニュースとなるだろうが、マンCがポチェッティーノ招聘へ動き出すことはあるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ