C・ロナウドの次は誰が蹴る レアルにフリーキックのスペシャリストがいない

常にFKを担当してきたロナウド photo/Getty Images

スペイン紙も悩むキッカー選び

これまでレアル・マドリードのフリーキッカーといえば、問答無用でクリスティアーノ・ロナウドが担当してきた。年々精度が落ちているのではないかとの指摘はあったものの、そんなものは関係ない。ロナウドがいる限り、キッカーはいつだってロナウドなのだ。

ところが、昨夏にロナウドはユヴェントスに移籍。レアルは新たなキッカーを探さなければならないのだが、適任者が見つからない。スペイン『MARCA』は「フリーキックのスペシャリストをレアルが探している」と取り上げているが、確かに今のチームでフリーキックを武器としている選手はあまり多くない。

同メディアによれば今季もトニ・クロースやカゼミロなど、7人の選手がキッカーを担当している。いずれもゴールには繋がらず、今も明確なキッカーは決まっていない。レアルが公式戦でフリーキックを決めたのは今年1月のダニ・セバージョスが最後となっており、そのセバージョスも現在はアーセナルにレンタル移籍している。

キック精度で考えるならばガレス・ベイルが興味深い候補者となるが、ベイルは怪我の問題もあって一貫性に欠ける。ロドリゴ・ゴエスもフリーキックからゴールを狙える選手だが、まだロドリゴにそのような大役を任せるのは早すぎる。

ロナウドのフリーキックがなかなか決まらなかったこともあるが、レアルはチームとして直近5年間で191本のフリーキックを蹴って14本しか決まっていない。フリーキックのチャンスを活かすためにも、スペシャリストが必要なのだ。果たして誰が適任なのか、フリーキックを武器とする選手も今後の市場で狙っていくべきかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ