今季はアーセナルにもチャンスあり トップ4入り逃せばエメリ体制終焉も

アーセナルを指揮するエメリ  photo/Getty Images

今季はトップ4入りが絶対のミッション

開幕8試合で4勝3分1敗の成績を残し、勝ち点15を稼いで3位につけているアーセナル。彼らが目指すのはトップ4入りで、現時点では2位マンチェスター・シティとも勝ち点差が1しか離れていない。やや引き分けは多いが、まずまずの立ち上がりと言っていいだろう。

問題は今の位置をキープできるかだ。英『The Times』によると、アーセナル上層部は指揮官ウナイ・エメリの1年目に満足感を示しているという。昨季は勝ち点70を稼いだが、惜しくも1ポイントだけトッテナムに及ばず5位でフィニッシュすることになった。トップ4入りを逃してしまったわけだが、クラブは不運な部分もあったとエメリの仕事を評価している。

しかし、2年目の今季は「不運」のワードを使うことはできない。クラブはトップ4入りを絶対のミッションとしているようで、失敗した場合はエメリが仕事を失う可能性もあるという。クラブとしてはエメリ体制1年目の昨季がチームのベース作り、2年目の今季はトップ4入りの目標達成のシーズンと考えているのだろう。

アーセナルが最後にトップ4に入ったのは、2位でフィニッシュした2015-16シーズンだ。昔は当たり前だったトップ4入りも、近年は難しくなってきている。ただ、今季のプレミアは荒れている。

トッテナムが序盤から躓き、マンチェスター・ユナイテッドはもうトップ4入り争いから脱落したように見える。今季はレスター・シティ、ウェストハムといった中堅クラブが不気味な存在となっているが、彼らのペースもどこまで続くかは分からない。アーセナルにとって今季はトップ4の座を取り戻す絶好のチャンスだ。エメリの下でベースはしっかりと出来てきているはずだが、確かな成果を残せるのか。今季は言い訳ができない勝負のシーズンだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ