FWなのにタックル数“2位” リヴァプールの最重要プレイヤーと絶賛されたのは

チルウェルにタックルを仕掛けるマネ photo/Getty Images

献身性も得点力も抜群

DFフィルジル・ファン・ダイクやFWモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノらもリヴァプールを支える中心メンバーだが、英『Squawka』が最重要プレイヤーと絶賛した選手は別にいる。

最重要プレイヤーに指名されたのは主に左のウイングを担当するFWサディオ・マネだ。マネは昨季リーグ戦で22得点を奪い、サラー、アーセナルFWピエール・エメリク・オバメヤンと並んでプレミア得点王に輝いた。今季もリーグ戦で5得点を奪っており、得点王を再び獲得することも可能だろう。

しかし、マネが重要視される理由はそれだけではない。同メディアが最も印象的なデータとして取り上げたのは、タックル数だ。マネはFWの選手だが、今季リーグ戦では実に14回もタックルを決めている。これはアンカーを務めるファビーニョに次いでチーム2番目に多い数字となっているのだ。

5日のレスター・シティ戦ではサラーに代わって右サイドに入り、相手の左サイドバックを務めるベン・チルウェルの侵攻をタックルでストップする場面も見られた。あの献身性はサラーが持っていないものだ。

またインターセプトの数も8本を記録しており、FWとしては非常に珍しい数字と言えよう。フィルミーノも献身的に守備のできる選手だが、マネはフィルミーノ以上の得点力を備える。トータルで考えると、マネがリヴァプールの最重要プレイヤーと同メディアが主張するのも頷けるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ