ポグバより8900万ポンドにふさわしい 絶賛されるマンUの若きビッグマン

マンUのマクトミネイ photo/Getty Images

中盤の柱に

30日にプレミアリーグ第7節でアーセナルと対戦したマンチェスター・ユナイテッドは、何かと批判を浴びる機会も多いMFポール・ポグバが8月31日のサウサンプトン戦以来のリーグ戦先発出場を果たした。

ポグバには違いを生み出すプレイを見せてほしかったところだが、このゲームで輝きを放ったのは中盤の相棒スコット・マクトミネイの方だ。マクトミネイは前半45分に強烈なミドルシュートで先制点を記録しており、全体的に安定したパフォーマンスだった。

英『The Sun』は選手採点でマクトミネイ、さらにFWダニエル・ジェイムズに最高となる7点を与えており、決定的な仕事ができなかったポグバには5点と厳しめの評価をつけている。ポグバといえば2016年の夏に8900万ポンドもの移籍金でユヴェントスからマンUに復帰した選手だが、同メディアはマクトミネイの方が8900万ポンドの移籍金にふさわしいパフォーマンスだったとまで評しているのだ。

「マクトミネイは今季スタメンを確保している理由を証明した。ユナイテッドのベストプレイヤーで、必死に決勝ゴールを目指してチームを引っ張っていた。マクトミネイはポグバよりも8900万ポンドプレイヤーに見えた」

指揮官オーレ・グンナー・スールシャールがマクトミネイを重要視しているのは明らかで、今後のチームを支えていく中盤の柱の1人と考えているのだろう。フレッジ、ネマニャ・マティッチより序列も上となっており、今季のマンUで合格点を与えられる選手の1人か。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ