堂安律のパフォーマンスは平凡? 名門PSVの辛口ファンからは厳しい意見も

PSVの堂安 photo/Getty Images

まだインパクトは不十分

今夏フローニンヘンからPSVへの移籍を果たした日本代表MF堂安律は、25日に行われた古巣・フローニンヘン戦でフル出場を果たした。ブルーマやモハメッド・アミン・イハッタレンに休息が与えられた中、堂安にとっては大きなチャンスだ。

しかし、堂安に得点は生まれなかった。チームの3-1勝利にはフル出場で貢献したのだが、目に見える結果を残すことには失敗した形だ。では、PSVのサポーターは堂安のパフォーマンスをどう捉えたのだろうか。オランダ『Soocernews』がサポーターの声を紹介しているが、SNS上の意見を見る限り満足していない人も多い。

「堂安は平凡だった」

「堂安にはまだ驚かされていない」

同メディアのアンケートでも、堂安のパフォーマンスについて「普通」と答えた人が40%、「悪い」と答えた人が25%もおり、この一戦で十分なインパクトを与えるには至らなかった。サポーターもまだ合格点を与えられないと考えているのだろう。

まだ移籍してから時間が経っていないため、今はチームスタイルに適応している最中だ。いきなりゴールやアシストの結果を求めるのは酷かもしれないが、同メディアもPSVでの本格デビューとなった堂安のことを気にかけている。

PSVにはヨーロッパリーグの戦いもあり、今後もターンオーバーなどで堂安にチャンスが回ってくることもあるはず。得点やアシストでサポーターを納得させたいところだが、堂安にPSV1発目のゴールが生まれるのはいつか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ