今こそメッシに打ち勝つ時 この機を待ち続けたレアル・9番が狙う“得点王”

レアルのベンゼマ photo/Getty Images

じっとこの機会を待っていた?

ここ10年、リーガ・エスパニョーラ得点王のタイトルを獲得した選手はたったの3人しかいない。2009-10シーズンから計6回も得点王を獲得したバルセロナFWリオネル・メッシ、3度獲得した元レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウド、そんな2人とのデッドヒートを2015-16シーズンに1度だけ制したバルセロナFWルイス・スアレス。リーガ・エスパニョーラ得点王のタイトルはメッシとロナウドに長く支配されてきたのだ。

その影響を受けてきた選手の1人が、レアルのFWカリム・ベンゼマだ。レアルでは長年ロナウドの良きパートナーとなり、ロナウドが気持ちよくゴールを量産できるようサポートしてきた。ベンゼマはワールドクラスのFWと評価される選手だが、ロナウドとメッシがいたため得点王のタイトルとは無縁のスペイン生活を過ごしてきたのだ。

何より恐ろしいのは、リーガで得点王を獲得するには最低30ゴールは決めておく必要があることだ。30点以下の得点数で得点王を獲得したのは、27得点で2007-08シーズンの得点王に輝いたマジョルカFWダニエル・グイサのみ。そこからは30ゴールを超える争いとなり、メッシやロナウドが40得点を超えてくる異常なシーズンもあった。ベンゼマが彼らと同世代となってしまったのは不運でしかない。

ベンゼマも2015-16シーズンにはレアルでのキャリアハイとなるリーグ戦24得点を記録したが、その時はスアレスが40得点を決めている。他のリーグならば24得点奪えば得点王獲得の可能性が見えてくるものだが、近年のリーガでは全く届かない。

しかし、そんなベンゼマにもチャンスの時がきた。スペイン『MARCA』は今季こそベンゼマが得点王を狙えるのではないかと期待をかけている。すでにロナウドは去り、今はベンゼマもゴールを奪うことに集中している。その成果は確実に出ており、今季も開幕5試合で5得点と快調に飛ばしているのだ。しかもメッシの負傷が長引いており、今のところは目立ったライバルがいない。メッシもコンディションさえ整えば得点を荒稼ぎしてくるだろうが、ベンゼマにもチャンスはあるはず。

同メディアはベンゼマも得点王のタイトルを狙っているはずと捉えているが、長いリーガ生活の中で初の得点王獲得となるか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

欧州4大リーグの戦いの行方を大予測! いよいよ開幕した各国リーグ戦を100倍楽しめる!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ