アザールの後継者の爆発はいつだ チェルシー快速アタッカーの思わぬ苦戦

チェルシーのプリシッチ photo/Getty Images

予想以上にレンタルバック組が活躍

今季ここまでチェルシーを引っ張っているのは、2人のヤングスターだ。ダービー・カウンティから戻ってきた20歳のMFメイソン・マウント、アストン・ヴィラから戻ってきた21歳のFWタミー・エイブラハムの2人だ。

マウントはリーグ戦5試合で3得点、エイブラハムは5試合で7得点を記録しており、彼らレンタルバック組がこれほど早く結果を出すと予想していたサポーターは多くなかったはずだ。そんな中、開幕前に比べて存在感がやや薄くなってしまっている選手がいる。

冬の段階で獲得を決めていたFWクリスティアン・プリシッチだ。ドルトムントから獲得したプリシッチはレアル・マドリードへ移籍したエデン・アザールの後継者候補の1人と考えられており、チームの軸となることが期待されていた。

しかしリーグ戦では1アシストを決めただけで、直近2試合はベンチから試合を見守っている。代表マッチウィークが終わったばかりということも関係しているのだろうが、スペイン『as』は「重要性が失われたのか?」と現状を不安視している。

2列目ではマウントが指揮官フランク・ランパードの信頼を掴むことに成功しており、ベテランのウィリアンもいる。カラム・ハドソン・オドイが戻ってくれば、プリシッチにとってはさらに複雑な状況となるかもしれない。

果たしてプリシッチはアザールの後継者となれるのか。今のところアザール級の活躍を見せているのはマウントだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ