ユヴェントスに“走り屋MF”は必要だった 放出候補とも言われた男のクラブ愛

ユヴェントスのマテュイディ photo/Getty Images

今季も開幕から2試合連続フル出場

今夏には放出候補の1人に挙げられているとも言われていたのだが、ユヴェントスにMFブレーズ・マテュイディは必要だったということだろう。

ユヴェントスは今夏にアーセナルからアーロン・ラムジー、パリ・サンジェルマンからアドリエン・ラビオをフリーで獲得しており、中盤の層はかなり厚くなった。マテュイディは今季からチームを指揮するマウリツィオ・サッリが好む「サッリ・ボール」なる攻撃的サッカーにフィットしないのではないかとの考えもあり、中盤の人員整理へ放出候補の1人とも言われていたのだ。

しかし、マテュイディは今季開幕から2試合続けてフル出場を記録。相変わらず左サイドを上下動する献身性はチームにとって大きなプラスで、守備面でもマテュイディは走り続けてくれる。サッリのスタイルにピタリとフィットするかは今後次第だが、今のところマテュイディは必要なピースと捉えていいはずだ。

伊『Gianluca di Marzio』によると、マテュイディもユヴェントスでのプレイに満足していると語り、今夏に浮上したパリ・サンジェルマン復帰案は間違いだと振り返っている。

「僕がPSGに入る?それは間違いだよ。僕は常にユヴェントスで満足していることをアピールしてきた。世界最高のクラブの1つだからね。パリは常に僕のハートの中にある。子供の頃から応援していたし、ユニフォームを着るのは夢だった。だけど今はユヴェントスの一員であることが誇りなんだ」

ラビオ、ラムジーにもどこかでチャンスが与えられるはずで、ポジション争いはこれまで以上に激しくなっていくことだろう。運動量豊富なマテュイディ、テクニックのあるラビオ、ペナルティエリアまで顔を出して得点も奪いに行けるラムジーなどタイプの異なるライバルは多いが、最終的にサッリはどの構成を中盤のベストとするのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ