レジェンドがEL抽選会で赤っ恥 話題を呼んだお茶目なミスとは[映像アリ]

チャーミングな笑顔を見せるA・コール氏だが…… photo/Getty Images

最低限は勉強してから臨むべきだったか

一部の人間を除いて、誰でも母国語以外の言語の発音には苦労するものだ。しかし、彼の場合はもう少し予習をしておくべきだったのかもしれない。現地時間30日に行われたヨーロッパリーグの組み合わせ抽選会で、レジェンドが赤っ恥をかいてしまう一幕があった。

そのレジェンドとはかつてイングランド代表などで活躍し、昨季限りで引退したアシュリー・コール氏だ。ドローに参加した同氏はクラブ名を読み上げる役割も任されたのだが、その発音で間違いを連発。レンヌを「レンス」、エスパニョールを「エスパーニャ」と読み上げ、現地で話題を呼んでいる。最難関とも思われたバシャクシェヒルは若干怪しかったものの、チャーミングなスマイルで何とか乗り切った。

そして英『The Sun』によると、このレジェンドのミスに多くのファンが反応。賛否両論様々な意見が見受けられる。

「アシュリー・コールは事前にもっと勉強して来るべきだったね(笑)」

「今日一番のハイライトはアシュリー・コールで決まりだ!」

「自分が間違えられたいずれかのクラブのファンだったらと思うと……。同情するよ」

「彼にもっと読ませるんだ」

A・コール氏にこの仕事を任せた運営側も、まさか彼がこのようなピンチに陥るとは思ってもみなかったはず。やはり、どんな仕事においても準備は大事ということなのだろうか。

抽選会後には、自身のSNSアカウントで「楽しかった」と感想を述べたA・コール氏。ただ気づいていないだけなのか、恐ろしくメンタルが強いのか……。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ