“ガラスの天才”がついに目覚める!? EFL杯でのゴールは実に11年ぶりだった[映像アリ]

ニューポート・カウンティ戦のMOMにも輝いたウィルシャー photo/Getty Images

ウェストハム移籍後初ゴール

昨夏の移籍市場で、下部組織時代から長年過ごしたアーセナルに別れを告げ、ウェストハムへ移籍した“ガラスの天才”に待望の時が訪れた。

27日に行われたEFLカップの2回戦で、ニューポート・カウンティ(イングランド4部)と対戦したウェストハム。この一戦で公式戦2試合ぶりのスタメンに名を連ねた元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーは、スコアレスで迎えた43分、縦パスをDFにカットされるも、相手選手が処理にもたついている間にボールを奪い返す。そして、そのままドリブルでペナルティエリア内まで持ち込むと、最後は冷静にGKの逆をつき、ボールをゴールに流し込んだ。なお、その後1点を追加したウェストハムが2-0でニューポート・カウンティを撃破し、次のステージへコマを進めている。

これまでのプロキャリアで何度も怪我に苦しみ、シーズン丸々を棒に振るなど辛い時間を過ごしてきたウィルシャー。新天地での飛躍を誓ったウェストハム加入1年目の昨季も足首の怪我に悩まされ、わずか公式戦8試合の出場にとどまっていた。だが、そんなウィルシャーがついに移籍後初ゴールを決めた。試合後に自身の公式Instagramを更新した同選手は「ウェストハムでの初ゴールを決められていい感じだ。ハードワークを続けていくよ」と綴っている。

また、データサイト『opta』によると、ウィルシャーがリーグ杯でゴールを決めたのは、当時16歳だった2008年9月に、アーセナルでプロ初となるゴールを記録したシェフィールド・ユナイテッド戦(6-0)以来、10年338日ぶりの出来事だという。その間の約11年でリーグ杯17試合に出場していた同選手だが、ゴールネットを揺らすことができていなかったようだ。

才能は間違いなしのウィルシャーだが、この調子で復活を遂げることができるのか。まずは怪我なく、しっかりと2019-20シーズンを戦ってもらいたいところだ。



参照元:YouTube

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ