バイエルンはコウチーニョをどう起用する!? トップ下、ウイング、3つのプラン

バイエルンに加わったコウチーニョ photo/Getty Images

どのシステムがベストなのか

MFフィリペ・コウチーニョをレンタルで加えたバイエルンは、攻撃陣をどのように構築していく考えなのだろうか。コウチーニョ、さらにはインテルからレンタルで獲得したイヴァン・ペリシッチが揃うことで攻撃のオプションは確実に増えた。

英『GIVE ME SPORT』がいくつかアイディアを出しているが、最もコウチーニョの良さを活かせるのはトップ下で起用するパターンだろうか。

システムは[4-2-3-1]となり、最前線にはもちろんロベルト・レヴァンドフスキ。その背後にコウチーニョを配し、右サイドにセルジュ・ニャブリ、左サイドにペリシッチ、あるいはキングスレイ・コマン、ボランチ2枚は攻撃を組み立てるチアゴ・アルカンタラと守備に強みを持つハビ・マルティネスがコンビを組む。バランスを考えるなら、このシステムがしっくりくる。

2つ目はコウチーニョがフランク・リベリの後継者になる案だ。同メディアの予想システムからペリシッチが外れることになるが、コウチーニョが左のウイングに入る。トップ下の位置にはトーマス・ミュラーが入り、右サイドはニャブリで変わらない。コウチーニョはペリシッチよりも中へカットインしてシュートを狙うパターンを得意としており、得点力を求めるならば左ウイングにコウチーニョを入れるパターンも悪くない。

最後の案はシステムを[4-3-3]とし、コウチーニョが左のインサイドハーフに入る。守備には少し不安が残るが、アンカーにチアゴ、右のインサイドハーフにレオン・ゴレツカが選ばれている。この中盤はかなり攻撃的で、対戦相手にとっては脅威となるだろう。

コウチーニョも起用法さえフィットすればリヴァプール時代の輝きを放つはずだ。指揮官ニコ・コバチの手腕が問われるが、コウチーニョの能力を最大限引き出すにはどのシステムがベストか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ