バルサの若手FWが昨季の寝坊に続いてまた!? 怪我の検査に来なかった……

バルセロナのデンベレ photo/Getty Images

再び姿勢が問題視?

16日にリーガ・エスパニョーラ開幕節でアスレティック・ビルバオに0-1で敗れたバルセロナにさらなる衝撃が走った。このゲームでFWウスマン・デンベレが足に痛みを覚え、検査の結果左足のハムストリングを傷めていたことが発覚。5週間ほど離脱することになるというのだ。

デンベレが負傷離脱したのは戦力的にも痛手だが、スペイン『MARCA』によればバルセロナが頭を悩ませているのは怪我だけではない。クラブはビルバオ戦後にデンベレが足に違和感を覚えていたため、翌日の土曜日に検査する予定だったという。ところが、デンベレは来なかったとか。

メディカルスタッフも怒りを感じたようだが、デンベレは月曜日になってようやく検査することになった。同メディアは一連の流れにクラブがフラストレーションを溜めていると伝えており、怪我と同様にデンベレの姿勢にも疑問を抱いたようだ。

デンベレは昨季も寝坊癖があることを問題視され、注意を受けている。しかもその理由が夜遅くまでテレビゲームをしていたとのことで、プロとして許されない理由となっていた。最近はそうした話題も出ていなかったのだが、同メディアは今回の一件で再び疑問が浮上したと伝えている。

開幕から嫌な話題が続いているバルセロナだが、怪我人が続く前線はどうなっていくのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ