アーセナルにブラジル人DFは本当に必要か? OB「チェルシーとは違う」

アーセナル移籍の可能性が浮上したダビド・ルイス photo/Getty Images

「リスクが高すぎる」

8日、チェルシーのDFダビド・ルイスにアーセナル移籍の可能性が浮上した。DFローラン・コシェルニーを失ったアーセナルが後釜の確保に動いた格好だ。移籍市場閉幕を目前に控える中、新たな移籍情報に現地は騒然としている。

しかし、この移籍に異を唱える人物がいる。かつてアーセナルで活躍したマーティン・キーオン氏だ。同氏は英『Daily Mail』に掲載されたコラム内で「ダビド・ルイスを獲得することはリスクの方が大きい」と主張し、次のように自身の意見を述べている。

「アーセナルはこの取引を中止すべきだ。リスクが高すぎる。たしかに彼らはセンターバックを探している。だが、D・ルイスはその答えとして適当な選手だろうか? 私はそうは思わない。32歳によって、アーセナルの守備はより危険にさらされるだろう。エンゴロ・カンテが常にディフェンスラインの目の前をパトロールしているチェルシーとは違うんだ。ボールを持っている時のD・ルイスは素晴らしいが、4バックの1人としてプレイしている時の彼はよくミスを犯す。彼はマークを外される傾向があり、“オールorナッシング”な選手の1人だ」

果敢なチャージを売りとするD・ルイスだが、キーオン氏はその積極性がアーセナルの穴になると主張している。攻撃的なスタイルのアーセナルだからこそ、最終ラインには冷静沈着なディフェンスリーダーが欲しいと同氏は考えているのかもしれない。

現地報道によると、D・ルイスはチェルシーのトレーニングを欠席し、すでに移籍の準備に入っているとも。はたして、長年青いユニフォームを身に纏ってきたブラジル人DFは今夏赤いユニフォームに袖を通すこととなるのだろうか。今後の動向に注目だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ