昨季ブレイクのレアル19歳FWが抱える”弱点” ポジション奪取に必要なもの

レアルのヴィニシウス photo/Getty Images

突破力は見事だが……

昨季サンティアゴ・ソラーリの抜擢もあってブレイクしたレアル・マドリードFWヴィニシウス・ジュニオールは、ブラジル人選手らしい突破力を持つアタッカーだ。ウイングを本職としており、そのスピードを活かした突破力はリーガ・エスパニョーラの舞台でも十分に通用している。

今季はエデン・アザールがチームに加わるため、当初は右のウイングにヴィニシウスを回すのも良いのではと言われていた。しかし、ヴィニシウスには早急に改善すべき弱点がある。それが決定力だ。

スペイン『MARCA』もヴィニシウスの能力を認めているものの、シュート精度を弱点の1つに挙げている。まだ19歳になったばかりと若いため、改善する時間はある。しかし、レアルというクラブは長々と待ってくれる甘い場所ではない。今後ヴィニシウスがポジションを確保していくためには早い段階で解決する必要があるだろう。

しかも右サイドでプレイするとなればシュートパターンにも違いが出てくる。左サイドの場合は中へカットインして利き足の右でシュートを狙うこともできるが、右サイドの場合はそれが難しくなる。余計に得点を奪うのに苦労する可能性もあり、それこそ右サイドならば久保建英のようなレフティーの方が良いかもしれない。

個人で仕掛ける力は十分に証明されているため、ワールドクラスの選手となるために必要なのは得点力だ。昨季はリーグ戦18試合で2得点という数字だったが、これを上げていけるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ