[日本代表]試合を完全に支配も1点が遠く…… “令和”初戦はスコアレスドロー

決定期を何度も作るも、最後までゴールを決めれなかった日本代表 photo/Getty Images

やはり課題は決定色か

日本代表は5日、『キリンチャレンジカップ 2019』でトリニダード・トバゴ代表と対戦した。

これまで[4-2-3-1]を基本フォーメーションとして戦ってきた森保ジャパンだが、今回は[3-4-2-1]の新システムを採用。センターバックに畠中槙之輔、昌子源、冨安健洋が名を連ね、長友佑都と酒井宏樹は一つ前のウイングバックとして起用された。他には大迫勇也、中島翔哉、堂安律などこれまで森保ジャパンを支えてきた選手たちが起用されている。一方で、A代表デビューが期待された期待の若手、久保建英はベンチ外となった。

序盤からボールを支配し、[3-4-2-1]の新システムの特徴を活かすサイドを起点に攻撃を仕掛ける日本。24分に酒井の右クロスを大迫勇が合わせるも、これは惜しくも相手GKの好セーブに阻まれる。そして28分にも、柴崎のふわりとしたロングボールから堂安が裏へ抜け出し決定機を迎えたが、前に飛び出してきたGKに再び阻止されてしまった。さらに、前半終了間際に中島の直接狙ったFKがクロスバーに直撃するなど惜しい場面は何度かあったが、先制点を奪うとができず、スコアレスのままハーフタイムを迎えている。

後半に入ると、日本は立ち上がりに何度か危ないシーンを作られてしまうが、シュミット・ダニエルの好守によりゴールは割らせない。均衡を破るべく森保監督は積極的に交代カードを切るも、その後もなかなかスコアが動かないままただただ時間だけが過ぎていく。終盤に猛攻を仕掛け、立て続けに決定機を作ったが、トリニダード・トバゴの粘り強い守備を最後まで崩すことができず、0-0のまま試合終了のホイッスル。試合を完全に支配した日本だが、決定力を欠き、令和になって初の試合はスコアレスドローとなった。

[スコア]
日本代表 0-0 トリニダード・トバゴ

[スターティングメンバー]
日本代表:シュミット、畠中、昌子、冨安、長友(→原口 79)、柴崎、守田(→小林 61)、酒井(→室屋 61)、中島(→南野 71)、堂安(→伊東 71)、大迫勇

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ