2ndレグではもう喜ばない? スアレスがセレブレーション自粛を宣言

スアレスは1stレグで先制点を挙げたのち喜びを爆発させた photo/Getty Images

1stレグではいつものように得点を祝ったが……

チャンピオンズリーグ準決勝1stレグのバルセロナ対リヴァプール。この試合で3-0とリヴァプールに完勝したバルセロナだが、結果以外にも話題となったことがある。FWルイス・スアレスのゴールセレブレーションだ。

古巣対決とあって、試合前には「もしスアレスがゴールを決めても彼がそれを喜ぶことはないだろう」と思っていたリヴァプールファンも多かったはず。しかしこのウルグアイ人は前半26分に先制点を決めると、いつものように膝スライディングを披露し喜びを爆発させた。これに対して試合後、SNS上では「リスペクトに欠けている」や「裏切られた」とこのゴールセレブレーションを残念に思うリヴァプールファンの投稿も多く見受けられた。スアレス本人もそのことを知らなかったわけではないようで、自身の口から意図の説明をしている。

「ゴールセレブレーション? サッカーに関わる人なら誰もが先週ぼくが奪ったゴールの重要性を知っている。ぼくはリヴァプールファンをとても尊敬しているよ。彼らにはすごく感謝している。ここ(アンフィールド)でゴールを決めたとしても、同じようにセレブレーションを見せることはないだろう。(誰かが気分を害しているなら)ごめんなさいと言うけど、リヴァプールのファンは拍手を送ってくれた。リヴァプールのファンとクラブには本当に感謝しているんだ」

カンプ・ノウでのゴールセレブレーションを後悔はしていないが、次戦ではこれを自粛する姿勢を示した。英『The Sun』が伝えている。2ndレグはリヴァプールのホームであるアンフィールドで開催される。「ゴールを決めても喜ばない」と宣言したスアレスだが、リヴァプール守備陣も簡単に得点を許す気はないだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ