ユーヴェファンは一安心? 代表戦で負傷のロナウドは「軽傷」

ピッチの外で治療を行うロナウド photo/Getty Images

CLアヤックス戦に間に合うのか

ユヴェントスが26日、ポルトガル代表FMクリスティアーノ・ロナウドの負傷状況を発表した。

昨夏の移籍市場で戦いの舞台をスペインからイタリアへ移し、新天地のユヴェントスに少しでも早く馴染むためか、ロシアW杯以降ポルトガル代表から遠ざかっていたロナウド。3月の代表ウィークでは、EURO2020予選を戦うということもあり、約8ヶ月半ぶりに代表復帰を果たした。そして、スコアレスドローで終えた22日のウクライナ代表との初戦に続いて、25日に行われたセルビア代表戦もキャプテンマークを巻いてスタメンに名を連ねたロナウドだが、前半半ばにアクシデントが襲う。

左サイドの深い位置でボールを追いかけ、スプリントした際にロナウドは右足を負傷。30分にMFピッツィとの交代を余儀なくされていた。試合後のインタビューで本人は「心配はいらない。1〜2週間でも復帰できると思う」と明かしていたが、その後ポルトガルで検査を実施。ユヴェントスの公式サイトによると、右大腿筋を負傷していることが判明したが、ひとまず「軽傷」で済んだとのことだ。具体的な復帰時期などは現時点で明かされていないが、今後経過観察を行いながら決めていくという。

2週間後の4月10日には、アヤックスとのチャンピオンズリーグ・準々決勝1stレグ(アウェイ)を控えているユヴェントス。ラウンド16で奇跡を起こした“CL男”は、この重要な一戦に間に合うのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ