FK練習で使う“人型スタンド”に激突 ゼニトFWの珍プレイが爆笑呼ぶ[映像アリ]

ゼニトやロシア代表でプレイしているザボロトニー photo/Getty Images

ボールに気を取られ......

ゼニト・サンクトペテルブルクに在籍中のFWアントン・ザボロトニー(ロシア代表)が、練習中に思わぬトラブルに見舞われた。

同クラブはフリーキックの練習でよく使う“人型スタンド” (バレット)数体をペナルティエリアの手前に並べ、トレーニングを実施。中盤からロングボールを放り、受け手のFWが相手最終ラインの背後を陥れる練習に励んだものの、このトレーニング中に味方のパスを受けようとしたザボロトニーが人型スタンドに激突。練習場はチームメイトによる笑いに包まれた。英『JOE』などがこの出来事を伝えている。

よほどボールに気を取られていたのか、ザボロトニーは自身の前にそびえ立つスタンドの存在に気づかなかった模様。練習でやや恥ずかしいプレイを見せてしまったが、今後の公式戦で結果を残せるだろうか。




参照元:Twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ