今季のプレミア優勝争いは異常 ”勝ち点90″超えでも優勝は保証されない

優勝を願うリヴァプールサポーター photo/Getty Images

リヴァプール、マンCが超熾烈な争い

プレミアリーグもいよいよ終盤戦に突入していくが、今季のタイトルレースは普通ではない。現時点では27試合を消化したマンチェスター・シティが勝ち点65を稼いで首位、2位リヴァプールは1試合少ない26試合を消化した段階でマンCと同じ勝ち点65を稼いでいるが、得失点差でマンCが首位だ。異常なのは両チームのペースだ。

英『Liverpool Echo』は最終的にリヴァプールがどこまで勝ち点を伸ばせるか予想しているが、ここまでリヴァプールは1試合平均2.5点のペースで勝ち点を稼いでいる。これはかなり高い数字で、このペースのまま残り12試合を戦うと最終的な勝ち点は95になる。勝ち点95といえば2004-05シーズンにジョゼ・モウリーニョ率いるチェルシーが記録した伝説的な数字だ。当時のチェルシーも圧倒的な強さでリーグ戦を制している。

しかし、勝ち点95を稼いでも安心はできないのだ。昨季ジョゼップ・グアルディオラ率いるマンCがモウリーニョ・チェルシーが打ち立てた勝ち点95を超える勝ち点100を稼いで優勝している。混戦のプレミアで勝ち点が3桁に達するのは特別なことで、今季もマンCは安定して勝ち点を稼いできている。今のところペースが落ちる気配はなく、今季はこれまでにない超ハイレベルなタイトルレースになっている。

昨季は勝ち点100を獲得したマンCに対し、2位マンチェスター・ユナイテッドは勝ち点81と19点差もつけられていた。圧倒的な独走だが、今季はこうならないだろう。勝ち点90点台でリヴァプールとマンCが競り合う可能性が高い。間違いなくプレミアの歴史に残るシーズンとなるはずだが、この異様なレースを制するのはどちらのチームか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ