元U-23日本代表DF比嘉、29歳で引退を決断 “らしさ全開”のメッセージも

ジェフ千葉時代の比嘉祐介 photo/Getty Images

7年間のプロキャリアに終止符

東京ヴェルディは14日、DF比嘉祐介が2018シーズンを持って現役を引退することになったと発表した。

現在29歳の比嘉は流通経済大学付属柏高校出身で、大宮アルディージャでプレイするFW大前元紀らとともに全国高校選手権などで優勝を経験した。卒業後は流通経済大学へ進学し、ユニバーシアード日本代表にも選出。さらに日本代表の世代別代表にも選ばれ、ロンドン五輪世代では本大会出場に貢献した。ただ、本大会では残念ながらメンバーから落選していた。

一方、クラブでは2012年に横浜F・マリノスでプロとしてのキャリアをスタート。2014年に京都サンガF.C.へ1年間期限付き移籍し、その後復帰を果たしたものの、2016年にジェフユナイテッド千葉へ完全移籍した。そして、昨季は東京Vに完全移籍で加入。しかし、怪我で思うような出場機会を得られず、天皇杯1試合に出場したのみとなっており、シーズン終了後に退団することが発表されていた。

比嘉はクラブの公式サイトを通じて「こんにちはヴェルディに関わる皆さん、1年間ありがとうございました! 去年1年間、怪我をしてチームに迷惑ばかりかけて申し訳ありませんでした。自分のサッカー人生で1番苦しく、自分自身情けなく感じるシーズンでした。それでも、いつも声を掛けてくれるサポーターには感謝しかありません。『早く怪我を治してピッチに立って下さい』の一言がリハビリのモチベーションでした。たまらなかったです!」と昨季を振り返った上で「2018年をもって現役を引退することを決めました!」と報告している。

さらに「サッカーを始めてちょうど20年くらいですが、生活からサッカーが離れることはこの20年間なかったので不安もありますが、これからの第二の人生が長いので頑張って行きたいと思います。沖縄から出てきて色々な人に会えて、色々な所に行けて、とてもいい経験になりました」や「自分はJリーガーなってからは、試合には全然出ることができませんでしたが、プロ生活7年間はすごく楽しかったし、良い思い出しかありません。プレイする場を与えてくれた横浜F・マリノス、京都サンガF.C.、ジェフユナイテッド千葉、東京ヴェルディで関わった皆さん、そしていつも応援してくれたサポーターの皆さん、本当にありがとうございました」と述べた。

最後に「今年からは自分もサポーターとして色々なスタジアムに行きたいと思っているので、スタジアムで見かけたら『GA-HI-』でも『比嘉さん』でもいいので、声を掛けてくれたら嬉しいです」とコメントつつ、横浜FM時代の大先輩である中村俊輔へ「あっ、しゅんさんいつ引退するか分からないですけど、絶対呼んでね!応援しています!」とメッセージを送っており、陽気な比嘉らしさも見せている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ