フリーキック、長距離砲が続々! 2018年ブンデスのベストゴールはどれだ[映像アリ]

バイエルンのハメス・ロドリゲス photo/Getty Images

ド派手なロングシュート多く

2018年のブンデスリーガは長距離砲が目立つシーズンだったと言えるのかもしれない。ブンデスリーガ公式は2018年に生まれたゴールの中からビューティフルゴールと呼べる10のゴールを選んでいるのだが、フリーキックやロングシュートが目立つ結果となっている。

ヴォルフスブルクのマキシミリアン・アーノルドが決めた異次元の変化を見せたフリーキック、バイエルンのハメス・ロドリゲスはほとんど助走を取らないところから綺麗に曲げたフリーキックを炸裂させた。

他にはバイエルンのコランタン・トリッソが決めたミドルや、フライブルクのニルス・ペーターゼンが決めたロングシュート、フランクフルトのアンテ・レビッチのロングシュートも入っている。やはり長距離砲は見る者を魅了するのだろうか。

ケルンのヨナス・ヘクターが決めたストライカーのようなシュート、今季大爆発しているフランクフルトのルカ・ヨビッチが決めたペナルティエリア内でのシュートも見事だが、1番美しいのはどのゴールか。


記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ