“南野の3得点”含むザルツブルクの猛攻に、ベントナーたじたじ

敗戦に打ちひしがれたベントナー photo/Getty Images

「サッカーのレッスンを受けているようだった」

8日にUEFAヨーロッパリーグのグループステージ第4節が行われ、グループBのローゼンボリがザルツブルクに2-5で敗れた。

かつてアーセナルに在籍し、ローゼンボリの一員として同試合に臨んだFWニクラス・ベントナーが、ザルツブルクの猛攻に脱帽。試合後のインタビューで打ちひしがれた心境を吐露した。ノルウェーメディア『VG』が伝えている。

「あのような前半は、僕のキャリアを振り返っても経験したことがなかった。0-8にされてもおかしくなかったね。まるでサッカーのレッスンを受けているような気分だったよ。非常にイライラが募る展開だった。チームメイトも同じ気持ちだったと思うよ」

南野拓実のハットトリックを含め、前半だけで4得点を挙げたザルツブルク。尊大な物言いや態度で有名なベントナーだが、ザルツブルクの獰猛なプレッシングやワンタッチパスを駆使したスピーディーな攻撃を受け、チームとしての格の違いを認めざるを得なかったようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ