ドイツを沈めた男の後釜に!? ”オランダ最強チーム”も堂安に注目

日本代表の堂安 photo/Getty Images

ステップアップには最適

将来的にビッグクラブへのステップアップが期待される日本代表MF堂安律。オランダを離れてビッグクラブに向かうのもいいが、まずPSVやアヤックスなどオランダの名門クラブを経験してから欧州四大リーグに向かうのも1つの手と考えられている。

そのプラン通りとなるのか、オランダ『Soccernews』はPSVが堂安をチェックしていると伝えている。PSVは今季もエールディヴィジの首位を独走する国内の超強豪クラブだ。

同メディアによれば、PSVはメキシコ代表FWイルビング・ロサノが他クラブに引き抜かれた時を想定して後釜候補を探し始めているという。イルビング・ロサノといえばロシアワールドカップのドイツ代表戦で決勝点を記録するなど、今注目を集めるアタッカーだ。ビッグクラブが続々と興味を示す逸材で、来夏は残留させるのが難しいのかもしれない。

「堂安は左サイドをはじめ様々なポジションでプレイ可能だ。PSVは彼のプレイスタイルに魅了されるはずだ。またフローニンヘンで難しいシーズンを過ごしていることも興味深い。エールディヴィジの最下位にいて日本人が目立つのは難しい。今季は1得点だ」

同メディアはこのように伝えており、まだ具体的ではないとしながらも堂安が有力候補になると捉えている。このままの成績ではフローニンヘンも堂安を守り切ることは難しくなるはずで、来夏にステップアップできれば理想的と言えるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ