若くて速くて危険! ライプツィヒの超攻撃集団”ファブ・ファイブ”

BACK

1/3

NEXT

ユスフ・ポウルセン photo/Getty Images

ティモ・ヴェルナー photo/Getty Images

今季のブンデスリーガでは首位を走るドルトムントの攻撃力が話題を集めているが、もう1つ忘れてはならない攻撃集団がいる。2位につけるライプツィヒだ。ライプツィヒのサッカーはとにかく攻撃的でスピーディー。多くのサッカーファンを惹きつける魅力的なフットボールを展開している。

ブンデスリーガ公式はそんな攻撃集団ライプツィヒを引っ張る5人の注目すべきアタッカーがいると特集を組んでいる。ライプツィヒの「ファブ・ファイブ」と呼ばれる彼らを記憶しておくべきだろう。

1.ユスフ・ポウルセン(FW/24歳)



デンマーク代表のポウルセンは193㎝ものサイズを誇る大型ストライカーで、チームで1、2を争う得点力を誇る。今季はすでに7得点3アシストを記録しており、身体能力の高いポウルセンはチームの柱の1人だ。

2.ティモ・ヴェルナー(FW/22歳)



ドイツ代表の最前線を任されているヴェルナーは今や世界的に有名な存在だ。ヴェルナーのスピードはライプツィヒのサッカーに合っており、世界のビッグクラブが注目する逸材へと成長した。今季は4得点1アシストを記録しており、本来はブンデスリーガ得点王を争ってほしい選手だ。

BACK

2/3

NEXT

ジャン・ケビン・オーギュスタン photo/Getty Images

エミル・フォルスベリ photo/Getty Images

3.ジャン・ケビン・オーギュスタン(FW/21歳)



昨夏に出場機会を求めてパリ・サンジェルマンからライプツィヒにやってきたオーギュスタン。世代別のフランス代表に選ばれている実力者で、目論見通りライプツィヒでは出場機会が増えて才能が開花。昨季はシーズン通じて12得点だったが、今季はすでに7得点を記録している。今季は飛躍のシーズンとしたいところだ。

4.エミル・フォルスベリ(MF/26歳)



そんな強力アタッカー陣を自在のパスで操作するのがスウェーデン代表の司令塔フォルスベリだ。同サイトは「ライプツィヒのクォーターバック」と称しているが、2016-17シーズンに19アシストを記録したフォルスベリのパスは芸術的だ。得点を奪うこともでき、今季は3得点2アシストを記録している。

BACK

3/3

NEXT

マテウス・クーニャ photo/Getty Images

5.マテウス・クーニャ(FW/19歳)



そして今夏新たに加わった怪物候補がブラジル出身のクーニャだ。スイスのシオンから獲得した選手で、大きな期待を背負う19歳のアタッカーだ。まだ十分に出場機会を得ているわけではないが、ヨーロッパリーグの方ではプレーオフでも得点を記録するなど計4ゴールを稼いだ。オーギュスタンと同様に、ライプツィヒで出場機会を増やして大ブレイクしたいところだ。


彼らが繰り出す攻撃はブンデスリーガ内でも屈指の破壊力を誇る。序盤はややスロースタートだったが、ここ最近はニュルンベルクを6‐0で粉砕するなど調子を上げている。今季は王者バイエルンが躓いているだけに、目標は大きくリーグ制覇といきたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ