長谷部がピンチ!? センターバック、ボランチでも立場厳しく

フランクフルトの長谷部 photo/Getty Images

監督交代で起用法に変化か

日本代表を引退し、所属するフランクフルトでの戦いに専念することになったMF長谷部誠。ニコ・コバチが指揮を執っていた昨季まで長谷部は重要な役割を任されていたのだが、その状況に少し変化が現れている。

今季からフランクフルトはアディ・ヒュッターが指揮を執っており、4バックで戦う機会が増えた。コバチは長谷部をリベロに置く3バックを採用するケースも多かったが、4バックになる場合は長谷部のセンターバック起用は難しくなる。

独『90min』も長谷部の現状を特集しているが、サイズのない長谷部がセンターバックに入るのは3バックの時のみ。いわば「コバチ・システム」の時だけだ。4バックの場合はマルコ・ルスや今夏フランスのオセールからやってきた19歳のDFエヴァン・ヌディカらが有利だ。

となれば本職のボランチで勝負したいところだが、ここにもオサスナから加わったルーカス・トロがおり、他にもジョナサン・デ・ガズマン、ジェルソン・フェルナンデスとライバルが多い。実質長谷部は3番手、4番手あたりと言っていいだろう。

昨季から一転して苦しい立場になることも考えられるが、同メディアはもう1つの解決策として右のサイドバックも担当できることを伝えている。ここはダニー・ダ・コスタが務めているが、長谷部もヴォルフスブルクではサイドバックを担当したこともある。ベンチからユーティリティ性を活かしていくことが今季の仕事となるかもしれない。

指揮官が代われば起用法も変わるものだが、長谷部はヒュッターの下でポジションを掴んでいけるのか。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ