ミラノの名門を支えた2人の英雄が再会へ サネッティ氏、マルディーニ氏のミラン復帰を歓迎

インテルの副会長を務めるサネッティ氏。マルディーニ氏のミラン復帰を歓迎した photo/Getty Images

「次のダービーで彼と抱擁できることが嬉しい」

現在インテルの副会長を務めるハビエル・サネッティ氏が、現役時代に長年ライバルとしてしのぎを削ったパオロ・マルディーニ氏のACミラン復帰を歓迎している。

1995年に加入して以降、スパイクを脱いだ2014年までインテルで一筋でプレイしたサネッティ氏。引退後はすぐに同クラブの副会長に就任し、今もなお愛するクラブに関わっている。一方、1985年のプロデビューから2009年に現役を退くまでミラン一筋を貫いたマルディーニ氏は、長きにわたり愛するクラブから遠ざかっていた。かつてミラノの名門クラブの象徴として、チームの絶対的なキャプテンとして伝統のミラノダービーで激突した両者は、全く別のセカンドキャリアを歩んでいたが、先日マルディーニ氏がミランのディレクターに就任することが発表。愛するクラブを支える立場として、2人のレジェンドがサン・シーロで再び顔を合わせる。

伊『Gazzetta dello Sport』のインタビューに応じたサネッティ氏は、マルディーニ氏のミラン復帰について「私は本当に嬉しいよ。パオロは偉大なプロフェッショナルである以前に、素晴らしい人間だからね」と喜びを語った上で「彼のような人がいることは、サッカー界全体にとってポジティブなことだろう。特に私たちにとってはね。私は彼に対して、大きなリスペクトを持っているよ」と述べている。

さらに「我々は対戦相手として何度も戦った。今はお互い違う役割についたが、彼への称賛、リスペクト、配慮は変わらない。これまでピッチで何度もそうしてきたように、次のダービーで彼と抱擁できることが嬉しい。彼の新たな冒険での幸運を祈っているよ」とエールを送った。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ