CL予選で「史上最も汚いタックル」 英紙がフランス人DFの愚行をバッサリ[映像アリ]

早くも今季のCL予選がスタート photo/Getty Images

相手の腹部にキックを見舞う

2018-2019シーズンのUEFAチャンピオンズリーグに出場するチームを決める予選(1回戦・2ndレグ)が17日に行われ、ハンガリーのヴィデオトンFCがルクセンブルクのF91デュドランジュに2-1で勝利した。2戦合計スコアが3-2となり、ヴィデオトンの勝ち抜けが決定している。

デュドランジュがリードされて迎えた後半アディショナルタイムに、同クラブDFブライアン・メリスがルーズボールを処理。この際に同選手が相手選手に飛び蹴りを見舞い、主審よりレッドカードを提示された。英『Daily Mail』は「史上最も汚いタックル」という見出しを掲載し、一連の出来事を報道。メリスの危険極まりないプレイを非難している。

何ゆえに同選手がタックルに及んだのかは定かではないが、悪質なプレイであったことは確か。猛省が必要であることは言うまでもないだろう。




参照元:Twitter

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ