毎年恒例の『Forbes』スポーツ選手長者番付 サッカー選手で最も稼いでいるのは……

サッカー選手で最も稼いでいる3人。ネイマール(左)とメッシ(中)とロナウド(右)photo/Getty Images

ロナウドを抑えてメッシがトップに

アメリカに本社を置く経済誌『Forbes』は6日、2018年の「世界で最も稼ぐ100人のアスリート」を発表した。

毎年恒例となっている同誌のスポーツ選手長者番付。過去1年間の給与やボーナス、賞金などをもとに、収入の総額によってランク付けされる(スポンサー収入などは取材に基づき推計)。プロサッカー選手からは9名がランクインしており、その中でトップに輝いたのは、全体でも2位に入ったバルセロナのリオメル・メッシ。この1年で1億1100万ドル(約122億円)を稼ぎ出したようだ。

次に収入が多かったプロサッカー選手は、昨年まで2年連続で全体の首位に立っていたレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドだ。今回は3位に順位を下げてしまったが、それでも1億800万ドル(約119億円)を手にしているという。

そして、5位にパリ・サンジェルマンのネイマール(9000万ドル)、35位にレアルのガレス・ベイル(3460万ドル)、52位にマンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバ(2950万ドル)、56位に上海上港のオスカル(2740万ドル)、59位にエヴァートンのウェイン・ルーニー(2700万ドル)、62位にバルセロナのルイス・スアレス(2690万ドル)、87位にマンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロ(2350万ドル)が続いている。

また、日本人としては、プロテニス選手の錦織圭が3460万ドル(約38億円)で35位に、メジャーリーガーの田中将大が2310万ドル(約25億円)で95位に入っている。

発表されたトップ10は以下のとおり

1位 フロイド・メイウェザー(ボクシング):2億8500万ドル/約313億円
2位 リオネル・メッシ(サッカー):1億1100万ドル/約122億円
3位 クリスティアーノ・ロナウド(サッカー):1億800万ドル/約119億円
4位 コナー・マクレガー(総合格闘技):9900万ドル/約109億円
5位 ネイマール(サッカー):9000万ドル/約99億円
6位 レブロン・ジェームズ(バスケットボール):8550万ドル/約94億円
7位 ロジャー・フェデラー(テニス):7720万ドル/約85億円
8位 ステフィン・カリー(バスケットボール):7690万ドル/約85億円
9位 マット・ライアン(アメフト):6730万ドル/約74億円
10位 マシュー・スタッフォード(アメフト):5950万ドル/約65億円

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ