川崎、急遽DFに守護神を託すアクシデント 浦和に敗れるも、代役GK奈良は20分間無失点[映像アリ]

急遽GKを任されたDF奈良 photo/Getty Images

「ディフェンスの責任」

2日に明治安田生命J1リーグの第12節が行われ、川崎フロンターレがホームの等々力陸上競技場に浦和レッズを迎え入れた。試合は、2-0でアウェイの浦和が勝利を収めたものの、この一戦で珍しい出来事が起きた。

川崎は2点ビハインドで迎えた70分、DFの背後を取られたボールをクリアしようと、エリア外に飛び出したGKチョン・ソンリョンが、浦和FWアンドリュー・ナバウトを倒してしまい、痛恨の一発退場。しかし、川崎はこの時点ですでに、交代カード3枚を全て使い切ってしまっていたため、代わりのGKを投入することができず。CBとして出場していた奈良竜樹が急遽、ゴールマウスを守ることに。試合には敗れてしまったが、体を張ったプレイで浦和のシュートを阻止し、約20分間を無失点に抑えた。

試合後、インタビューに応じた奈良はGKのプレイについて「(最初のプレイは)どうせ狙ってくると思っていた。GKのことはよく分からないので、どういう心境だったのかはうまく説明できないし、どういうプレイをしたかは覚えていない。その前までをやっぱり向き合わなければいけないなと思います」とコメント。Jリーグの公式サイトが伝えている。

また、クラブの公式サイトのインタビューでは「ひとつひとつにこだわっていかないと、力のあるチームが相手だと仕事をやらせてしまう。個人として、チームとして隙がないようにやらないと。GKに入ったことについては語ることはないが、ああいうシーンになってしまったのはディフェンスの責任。ソンリョンにリスクのあるプレイをさせてしまって申し訳ない」と反省の弁を口にしている。



参照元:YouTube



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ