1G2Aで川崎の白星発進に貢献の中村憲剛 珍しいヘディング弾に「びっくり。意外性も大事」

川崎の象徴、中村憲剛 photo/Getty Images

開幕節でチームを引っ張ったベテラン中村

川崎フロンターレは25日、明治安田生命J1リーグの開幕節でジュビロ磐田と敵地で対戦し、3-0の快勝を収めた。Jリーグ王者として幸先の良いスタートを切っている。

試合後のインタビューに応じた川崎の鬼木達監督は「アウェイの中、本当に多くのサポーターの方が来てくれて、私たちを後押ししてくれた。それが勝利に結びついたと思う。もう一つは選手達が苦しい状況の中で、プレッシャーのある中で、勇気を持ってピッチに立ってくれたこと、これがすべてだった」と述べつつ「ゲームの方はいい時間帯で、いい形で点が取れた。これに尽きる。あとは昨年まで続けていた身体を張るところ、走るところ、そういうものを選手が最後までやり続けてくれた。もちろん課題はありますけど、しっかり勝てたのでまた次に繋げていきたい」とコメント。クラブの公式サイトが伝えている。

そして、1ゴール2アシスト、全得点に絡む活躍で勝利に貢献したMF中村憲剛を「チームの中心選手ですし、ゲームの流れも読めますし、今日はすごく存在を出してくれたかなと思う。それと同時に最後まで走るという姿勢もチームを引っ張るということだと思っているので、本当に良くやってくれた」と称賛した。

中村本人も「3点に絡むことはなかなかないが、良いスタートが切れた」と話した上で、先制点のシーンを「自分でもびっくりしている。誰にもマークがつかれていなかった。クロスというよりも、パス来いと思ったら、すごくいいボールが来た。決めないとと思っていたら入っていた。この動きは、相手も予想していなかったはず。意外性も大事」と振り返った。

さらに「知念は身体が強いし、スピードもあるので裏に抜ける。磐田は最終ラインを高めに設定するので、彼が走ることで下げさせる。そこに知念がうってつけの人材。3点目も彼の飛び出しからファウルをもらった。ユウ(小林悠)と知念、アキ(家長昭博)もそうだが飛び出せる選手がいる。多ければ多いほど、ハイラインには効く。二つ、裏に出すボールがあるので、相手からすると的を絞りにくかったと思う。今日も苦しい試合だったが、そういうフロンターレを見せていく。勝ちながら反省点を出せていけば良い」と語っている。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ