A・サンチェス加入で立場が微妙に マルシャルにマンU退団の可能性浮上

マンUとの契約延長交渉が難航しているマルシャル photo/Getty Images

まずまずの成績を残しているが......

2015年よりマンチェスター・ユナイテッドに在籍しているFWアントニー・マルシャル。今季のプレミアリーグ(25試合出場)で9得点4アシストとまずまずの成績を残している同選手だが、今冬のアレクシス・サンチェスの加入に伴いポジション争いが激化。21日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのラウンド16(1stレグ/セビージャ戦)でベンチスタートとなるなど、レギュラーとしての地位が脅かされつつある。

来年6月に現行契約が満了となる同選手だが、同クラブとの契約延長交渉が停滞していることが英『TRIBAL FOOTBALL』で明らかに。この混乱に乗じ、トッテナムが同選手の獲得交渉を開始する構えを見せていることが併せて報じられた。

現時点でマルシャルに移籍願望があるのか否かは定かではないが、このまま冷遇が続いた場合、同選手が同クラブ退団を決断する可能性も否定できない。一連の報道に対する同選手のコメントも含め、今後も動向を注視する必要があるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ