悪質タックルを受けたサネ 足首の靭帯を損傷

危険なタックルを受けたサネ(写真右) photo/Getty Images

長期離脱の可能性も

28日にFAカップの4回戦が行われ、マンチェスター・シティがカーディフに2-0で勝利した。

同試合の前半終了間際に、マンチェスター・シティのFWレロイ・サネが相手DFジョー・べネットによる悪質なスライディングタックルを受け、負傷交代。精密検査の結果、足首の靭帯を損傷していたことが英『sky SPORTS』で明らかとなった。なお、現時点で全治に要する期間は公表されていない。

一発退場の判定こそ下されなかったものの、一歩間違えればサネの選手生命を脅かしかねなかった今回のタックル。このような危険な行為に対し、審判団はより厳正に対処する必要があるだろう。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ