仏代表MFも驚くセリエAの緻密な戦術「クレイジーなまでの組織力」

昨夏ユヴェントスに移籍したマテュイディ photo/Getty Images

戦術の細かさでは欧州屈指

セリエAは他国のリーグよりも緻密な戦術を練るチームが多く、適応が難しいとも言われる。昨夏パリ・サンジェルマンからユヴェントスにやってきたフランス代表MFブレーズ・マテュイディもその特殊な環境に驚かされたようだ。

伊『TuttoSport』によると、マテュイディはセリエAのあらゆるチームが組織的に優れていると印象を語っており、ピッチに立ってみて感じた驚きがあったことを明かしている。

「僕はここでハッピーだ。ユーヴェは僕の好きなスタイルだから、上手く慣れることができているよ。セリエAは戦術的な面で非常に難しい。外から見ていると気づかないけど、ピッチに立っているとあらゆるチームがクレイジーなまでの組織力があるんだ。ここは難しいリーグだし、スクデットを勝ち取りたいね」

ユヴェントスもそうだが、セリエAのチームは守備が整備されているところが多い。ストライカーにとって易しくないリーグと言われる理由もそこにある。マテュイディもフランス時代との違いを感じており、戦術的な部分では最も楽しめるリーグと言えるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ