ムヒタリアンとオバメヤンはアーセナルに必要か? 補強プランが混乱していると英紙指摘

アーセナルを率いるヴェンゲル photo/Getty Images

もっと他に補強が必要なポジションがある

現在プレミアリーグでトップ4に入ることができていないアーセナルは、今冬の市場で即戦力を確保することが噂されている。アレクシス・サンチェスの退団は確実となっているが、トレードの形でマンチェスター・ユナイテッドからMFヘンリク・ムヒタリアンを獲得できる可能性が高まっている。さらにドルトムントFWピエール・エメリク・オバメヤン獲得の話題も浮上しており、今冬のアーセナルは積極的だ。

しかし、ムヒタリアンやオバメヤンはアーセナルが求めていた答えなのだろうか。両者とも攻撃的なポジションを務める選手だが、英『METRO』はアーセナルに必要なポジションは前線ではないと指摘している。

オバメヤンはトップレベルのストライカーだが、アーセナルは昨夏にクラブレコードでリヨンからFWアレクサンドル・ラカゼットを獲得している。スピード自慢という点で2人には共通点があり、このポジションに資金を投じる必要性があるのかは疑問だ。今冬にはテオ・ウォルコットも退団したものの、前線にはダニー・ウェルベックやオリヴィエ・ジルーもいる。前線は現在のアーセナルの中で最も選手が揃っているエリアでもある。

ムヒタリアンはサンチェスと同じポジションを担当できる選手だが、クラブOBのエマニュエル・プティ氏は「彼はユナイテッド加入以降十分にチームに関わることができていない。勝者のメンタリティを持っているのか疑問だ。彼は素晴らしいスキルを持っているが、アーセナルに必要な選手かは確信が持てない。クラブは他のポジションにフォーカスを当てるべき」とコメントしている。

アーセナルが補強すべきポイントは中盤、守備陣だろう。特にボランチと最終ラインはトップレベルとは言えず、前線よりも選手層が薄く問題が山積みだ。同メディアはアーセナルの問題の根源が中盤の安定感の欠如、創造性の欠如、弱いメンタルにあると指摘している。オバメヤンはネームバリューもあるが、チームの問題を解消する補強にはならないというのが同メディアの考えだ。

ボランチでは今冬にフランシス・コクランが退団し、グラニト・ジャカも高い評価を受けているわけではない。守備で中盤を引き締めるスペシャリストが必要だろう。最終ラインも信頼できる選手は少なく、ワールドクラスと呼べる存在が欲しいところ。同メディアはアーセナルの補強プランが混乱していると伝えているが、今補強すべきは前線以外のポジションだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.195 欧州が讃えるサムライ・フットボーラー2018
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ