コンテ監督、ユヴェントス時代の教え子を強奪へ 電話による勧誘を実施か

復調の兆しを見せているビダルだが...... photo/Getty Images

移籍の噂が絶えないビダル

2015年よりバイエルン・ミュンヘンに在籍しているMFアルトゥーロ・ビダル(チリ代表)。今季途中に就任したユップ・ハインケス監督の下で出場機会を失いかけたものの、直近のブンデスリーガ6試合連続で先発に名を連ねるなど復調の兆しを見せている。

こうした状況のなか、チェルシーが同選手の獲得に乗り出したことが英『THE Sun』で話題に。同選手がユヴェントス在籍時に師事したアントニオ・コンテ監督(現チェルシー)より電話による勧誘を受けたことが併せて報じられるなど、移籍にむけた動きが本格化している。

かねてよりレオン・ゴレツカ(現シャルケ)の獲得が噂されているバイエルン・ミュンヘン。ビダルと同じポジションを得意とするゴレツカの獲得が実現すれば、同クラブが同選手の放出に踏み切る可能性も排除できない。今後も動向を注視する必要がありそうだ。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ