相変わらず岡崎をスタメンから外すピュエル レスター地元紙も認め始めた”新システム探し”

レスターの岡崎慎司 photo/Getty Images

岡崎は改めて自身の能力の証明を

レスター・シティの指揮官クロード・ピュエルはなかなかに頑固だ。サポーターやメディアからはクラウディオ・ラニエリとクレイグ・シェイクスピアが採用していた[4-4-2]のシステムが
最もチームに合っているとの指摘を受けており、11月28日のトッテナム戦ではジェイミー・バーディと日本代表FW岡崎慎司の2トップを軸に2-1の勝利を収めている。

強敵トッテナムを撃破した際には岡崎とバーディの2トップ、右にリヤド・マフレズ、左には献身性のあるマルク・オルブライトンを起用しており、これこそレスターがプレミアリーグ制覇を達成したシステムだ。しかしピュエルは2日のバーンリー戦でまたも岡崎をベンチにする策を取り、やや周囲を驚かせることとなった。

しかしそのやり方を地元紙『Leicester Mercury』も認め始めており、バーンリー戦で決勝点を奪ったデマライ・グレイをはじめチームの引き出しが増えていることを評価している。レスターはあくまで中堅クラブだが、バーディ、マフレズ、岡崎、オルブライトン、グレイと前線には様々なクオリティを持つ選手がいる。さらにベンチにはケレチ・イヘアナチョ、イスラム・スリマニらも控えており、これらのタレントを上手く活かしていくことは重要なポイントだ。

岡崎、バーディの2トップが鉄板スタイルなのは間違いないが、ピュエルはそれをも超える新たな形を見出そうと動いている。ポジション争いは今後も激しくなるはずで、岡崎も改めて自身の能力をアピールしていく必要がありそうだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ