ブンデス初の女性主審、ドイツ杯のバイエルン戦でデビューへ

毅然とした対応も持ち味だ photo/Getty Images

2011年女子W杯決勝でも主審を担当

ドイツサッカー協会は10日、2017-2018シーズンよりブンデスリーガ初の女性主審としてデビューするビビアナ・シュタインハウス氏が、12日に行われるDFBポカール1回戦(ケミニツェル対バイエルン・ミュンヘン)で主審を担当すると発表した。 

2011年の女子W杯決勝(日本女子代表VSアメリカ女子代表)や、2012年に行われたロンドン五輪の女子サッカー部門の決勝戦(対戦カードは同じ)で主審を務めたシュタインハウス氏。活躍の舞台は女子サッカー界に留まらず、2007年よりブンデスリーガ2部の審判員に登録されるなど、ドイツ国内の男子プロリーグで初めて主審を務めた女性として評価を高めている。的確なポジショニングに基づくジャッジや物怖じしない対応に定評がある同氏だが、世界有数のインテンシティーとスピードを誇るブンデスリーガの舞台で、真価を発揮することができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ