[移籍]ドルトムント、待望の“ポスト・ロイス”の獲得を正式発表

フライブルクで開花

フライブルクで開花

移籍が決定したフィリップphoto/Getty Images

ドルトムントは7日、フライブルクからMFマクシミリアン・フィリップを獲得したと発表した。なお、2022年6月30日までの契約を結んだことが併せて報じられている。

同選手はドルトムントの公式ホームページを通じ、今後の抱負を口にした。

「世界屈指の名門クラブでプレイできることを誇りに思っている。僕は今23歳だけど、新たなステップを踏むのに早すぎるということはないと思う。今はこのクラブの一員として成長し続けたいという思いでいっぱいさ」

今季のブンデスリーガ25試合に出場し、9得点を挙げたフィリップ。卓越した足下の技術でゴールを陥れるその姿はマルコ・ロイス(現ドルトムント)を彷彿とさせるほか、セカンドトップやサイドハーフで高水準のプレイを披露し続けるなど、日増しに評価を高めている。晴れてビッグクラブへの栄転を遂げた同選手だが、ドルトムントの新たな攻撃の核として君臨することができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ