吉田・スティーブンスが守ってFWがしっかり決める! 理想的な形でセインツが4得点快勝

連敗をストップ

連敗をストップ

得点を喜ぶガッビアディーニ photo/Getty Images

現在リーグ戦で2連敗中だったサウサンプトンは、11日に敵地で最下位のサンダーランドと対戦した。この試合でもサウサンプトンは若いジャック・スティーブンスと日本代表DF吉田麻也のセンターバックコンビで臨んでいる。

序盤はホームのサンダーランドが積極的な攻撃を仕掛け、サウサンプトンは守備の時間が続く展開に。セットプレイのピンチなどもあったが、サウサンプトンは吉田とスティーブンスを中心にしっかりとディフェンス。サンダーランドも決定機と呼べるものはそれほど多くなく、堅守で知られるサウサンプトンを崩し切れなかった。

そのサンダーランドの攻撃を防ぐと、前半30分にサウサンプトンがチャンスを迎える。左サイドバックのバートランドがクロスを送ると、これに今冬加入したガッビアディーニが頭で飛び込んで先制に成功。序盤はサンダーランドにボールの支配を許したが、サウサンプトンが1つのチャンスから簡単に得点を奪って見せた。

さらに前半終了間際には、タディッチのパスをペナルティエリア内で受けたガッビアディーニが巧みにターン。相手DFはこれについていくことができず、最後はガッビアディーニが右足で決めてリードを2点に広げた。サウサンプトンは得点力に問題を抱えていたが、新加入のガッビアディーニが早々にフィットしている。

サウサンプトンは後半もピーナール、ボリーニ、ハズリと攻撃的な選手を投入してきたサンダーランドの攻撃を抑え込み、機を見てカウンターで仕掛ける展開でペースをつかむ。すると89分、バートランドのグラウンダーのクロスをサンダーランドが処理できず、オウンゴールという形で3点目。さらにロスタイムにはロングがシュートを決めてリードを4点に広げた。

吉田、スティーブンスらを中心にしっかりと守り、ガッビアディーニやロングといった決めるべき選手がチャンスを活かす。サウサンプトンが理想的な展開で連敗をストップした。

[メンバー]

サンダーランド:マンノーネ、デナイエル、ラミーヌ・コネ、オシェイ(ピーナール 46)、ビリー・ジョーンズ、オビエド、ラーション(ボリーニ 58)、エンドング、ギブソン(ハズリ 81)、ヤヌザイ、デフォー

サウサンプトン:フォースター、ソアレス、スティーブンス、吉田麻也、バートランド、スティーブン・デイビス、ロメウ、ウォード・プラウズ、タディッチ(ホイビュルク 82)、レドモンド、ガッビアディーニ(ロング 72)

[スコア]

サンダーランド 0-4 サウサンプトン

[得点者]
サンダーランド:

サウサンプトン:ガッビアディーニ(30、45)、OG(89)、ロング(90+2)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ